スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痩せ馬ロシナンテ

2006年09月14日 01:48

例えば
やわらかな光が差し込む
午後の喫茶店で
わたしが
だんだん気化してしまっても

或いは
夕闇の一本道で
わたしが
妖怪に変化してしまっても

きみはまもってくれない

若しくは
四角い部屋の隅で
わたしが
壁と同化してしまっても

または
深夜の砂浜で
わたしの足跡が
とつじょ途絶えてしまっても

きみはまもってくれない

洗われなかった食器は
山と積まれた儘

沈黙は

であらわされた儘

紙の上に書かれた文字は
ふうかしてゆく

そして
てのひらで
ちいさい
ほのおがゆれる

それだけ
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | 6moyDOY6

    改行されるたびに
    「そうだよなぁ」と
    思いながら
    読みすすめました。
    私の今の心境と似ているからです。こんな心境をあんな言葉を選んで表現できる群青さんに拍手。

  2. アオイ | URL | -

    希望をみつけるのは難しい。
    けれども。
    何処かにあると信じなければ生きていけない。

    必死な願いが込められた様な、良い詩だと思いました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。