スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきもの図鑑

2006年09月10日 18:06


鳥類図鑑を見ていたら
「ねたみ鳥」
というのを見つけた
その名の通り
人をねたむ鳥で
都会に棲息し
決して鳴かない鳥らしいが
どんな鳥なのだろうか
気になって
渋谷の交差点に行ってみた
すると前から男女が
もつれ合いながら歩いてきた
一瞬ののち
遥か上空から
黒色の飛行機みたいな
大きな鳥が無音で飛来し
男女をくわえて飛び去ってしまった
一体どこへ連れて行かれたのだろう
あの嫉妬のような黒色の
雛の餌にでもなってしまうのかもしれないな


道を歩いていたら
首に小さな虫が取り付いてきた
そっとつまんで観察すると
それはどうやら
「泣き虫」という虫で
刺されると
涙がとまらなくなってしまうらしいが
もう刺されただろうか
痛くも痒くもないのでわからなかった
指を離すと
泣き虫は遠くへ飛んでいったが
それと同時に
涙があふれて
とまらなくなった
指でさわると
スイッチみたいな刺され痕だ
泣き虫に刺されたらどうすればいいのか
背嚢から
虫類図鑑を取り出して調べたが
ぜんぜん載っていなくて
仕方が無いのでムヒを首に塗布し
それ以上毒が回らない様に
おとなしく
路上に正座していた
すうすうして寂しかった


友人と
喫茶店で談笑しているときに
ふと彼女の髪の中に
小さい動物がいるのを見つけた
それは何か尋ねてみると
これは哺乳類の一種で
「ようせい」という動物だ
と教えてくれた
ようせいは主に街路樹に住み
人の髪に寄生するらしい
毒は無く
宿主の思考や思想を食べて生きる
宿主はそのうち
一切の思想や思考をなくすが
その代わり願いは何でもかなえてもらえる
んだそうだ
確かに友人は
高い服を着て
超いけめんの彼氏をとっ捕まえ
ふぇんでぃ
だか何だかのバッグを持っていたが
それだけだった
ただ笑うだけだった
帰り際
ようせいが要るか
と聞かれたが
いらないと答えた
そのあとユニクロに寄ったが
案外高かったので
何も買わずに帰った

シャワーを浴びているとき
髪から
いつの間に寄生したのか
ようせいがぽとっと落ちて
排水溝に流れていった

泣き虫に刺されたあとはまだ直らない
なんだか変色してきて
本当にスイッチ
みたいになっている

ムヒを買い足そうと思い
濡れた髪のままで
薬局へ行った
道々
派出所の前を通りかかった
行方不明の男女
の貼り紙が貼られていた
見つかることはないだろうと思うが
スポンサーサイト


コメント

  1. しんのすけ | URL | -

    ご無沙汰であります。
    これ、好きです。
    連れ去られた男女の貼り紙…。怖いですね。
    きっといろいろ吸い取られた挙句、北海道とモンゴルあたりに
    ぺッてされたかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。