スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちぐはぐな三十一文字たち

2011年02月01日 09:04

※twitterにて詠んだ短歌たちです。時系列やジャンルはバラバラです



からっぽの午前零時の通学路つばきの首がぽたりと落ちる

凍てついてみしりと軋む骨の音ただ聴いている深夜二時半

教室の隅でひっそり角砂糖かじる孤独な砂糖病シュガー・ブルース

原っぱの廃車に乗ればいつだって宇宙へ飛べたあの頃ぼくらは

忠実なともだちみたいだ真夜中の静寂やぶるケトルの笛の音

昼下がり総ての音を吸いあつめ海月ぺったり空に冷えてる

変声期むかえた君が忘れゆく「少年」という澄んだ旋律

夏の陽を浴びて自転車こぐ君の月白いろした背骨が透けてる

恋をしようポテトチップスひとふくろ食べるくらいの罪悪感で

「どこからでも切れます」みたいなひとだった優しい嘘だけついていた君

100均のハンコ売り場で君の名を探す化石を掘り出すように

ローソンの看板みたいなあの青にまぎれて僕は空になりたい

夕暮れに屹立してる電波塔、標本みたいに途方に暮れて

まっしろな大根を剥く妹をさわるみたいに躊躇いがちに

元気か?と誰かに電話する兄の部屋から時報の声がきこえる

たいせつに布団のなかの闇たちを抱えて眠る君はやさしい

夕暮れの野原で夜のけものらが春を待ちつつ輪になり踊る

迫りくる夜のけものを追い払うために燐寸をすり続けてる

透明な朝のひかりに融けてゆく遊び疲れた夜のけものら



『連奏十七夜~600首の言の葉たち~』にて詠んだ歌

二一三 間違えたぼくを訂正するように飛行機雲が空に伸びてく

二三八 浴室で化粧を落とす今日というひとつの童話を終わらせるため

二六三 ガラス器にとぷりと陽射しを汲んで飲むわたしのなかも晴天であれ 

三八七 夏草のにおいがしてた男子らの身体検査後の保健室

五一九 くち開き虚空の青でのど満たすもう長いこと雪を見てない 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。