スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥類図鑑

2011年01月13日 04:40


夕暮れ
夜の仕事へ向かう女の人たちとすれ違う
彼女たちは
首から上は
すべすべと真っ白く化粧をした女の顔で
首から下は
色とりどりの
南国の鳥の姿をしている
通りは
羽根をばたつかせる音や
ギャアギャアと
威嚇するように鳴き交わす声
むんむんと甘い
果物の香りなどが充満して
いっときとても騒がしく
だけど妙に美しく
夢の中にいるようだった


友達の山田に会いに家まで行った
山田は相変わらず狭い鶏小屋の中で
羽根をばさばさ云わせていたが
僕を見るなり嘴を動かして

もうすぐ死ぬんだ
と枯れた声を出した
一時期よりもずいぶん痩せたようだ
とさかもなんだか色褪せている
あまり可愛がってもらってないのかもしれない
持ってきたイナゴをつまみいれる
山田はゲッゲッと鳴きながら啄んだあと
主人がさ
俺が死んだらクジャク飼うってさ
俺 クジャクにうまれたかったよ
じゃなかったらメスでもよかった
なんでオスにうまれたんだろ
と言った
僕は何と答えたらいいか分からなくて
むやみにイナゴをつまみいれた後
極力いつもと同じ感じで
さよならを言った
山田は
へっ
と吐き捨てるように笑った

後日
山田の家の前を通りかかえると
鶏小屋は空っぽで
唐揚げみたいなにおいがしてて
ああ山田は死んだんだってわかった
あれ以来あの家には行かないから
クジャクを飼っているかどうかは知らない


いやに明るい蛍光灯が店内を照らしている
僕はレジスターの前に立って
いらっしゃいませえ
とやけのような声を張り上げている
隣に立っている先輩は
オウムの姿で
制服の袖からはみだした羽根を
くちばしでせわしく噛んでいる
そのうち首ごとこちらを向いて
オイ休憩入ッテイイゾ
と甲高い声で言った
先輩はいつもそればかり言う
無数に繰り返した同じ台詞の中で
それひとつしか覚えていないのかもしれない

自動ドアが開き入店音が流れ
僕は何百回目かの
いらっしゃいませえ
を言う
さっきから鳥肌が立っていて
身の内からぞわりぞわりと
羽根がせり出してきている
そんな気がする

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。