スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の陽はレモンのにおいがする

2010年08月08日 08:11


あまり気温が高いものだから
真昼の空は少し溶けて
ときたま
ぽとぽと水色の絵の具が垂れてくる
塗りの剥げた部分は真っ白く
穴があいてるみたいに見える
しばらく時間が経つと
その部分はそういう仕事をする人たちの手で
いつの間にか元通りに補修されているけれど
あまり頻繁に溶け出すので
水色の絵具が足りなくなるのだろうか
よく見ると
微妙に違う色で塗りなおされていたりする


庭に生えている雑草を刈ると
切り口から勢いよく
鮮烈な色の血が噴き出してくるから
刈りおえる頃には袖のほうまで
血まみれになってしまう
残酷なことをわざとするのは
ときどき
とてもいい気持ちだから
少し薄ら笑いを浮かべながら
ざくざく
わたしは草を刈り続ける


夕暮れ
半透明のくらげが
空いっぱいに浮かんでいる
その光景を見ると
わたしは今まさに
夏のさなかにいるのだな
と強烈に実感する
強烈に実感しながら
毒のある触手にさわらないように
注意深く歩いた

運悪く刺されてしまったひとたちが
ひくひくと痙攣しながら
路上のそこここに倒れている


一瞬
風が強く吹いたとき
死にたくない
と聞こえた
路傍の草から
鳴いている蝉から
転がっているちっぽけな石から
ありとあらゆるところから

この季節はどんなものだって
死にたくない
と主張してきて
ちょっと外へ出ただけでも
そうした思いがそこらじゅうに
むんむんと色濃く漂っている
生まれてきてから今までに
そこまで強く
死にたくない
と思ったことのないわたしなどは
なんとなく生き難い
途方に暮れてから
息を吸い込んでみる
埃に混じって
かすかにレモンのにおいがした



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。