スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしい人とわるい人

2006年08月24日 02:57


やさしい人は淘汰されてゆき
やがてみな
居なくなってしまう
魚がひっそり
海底で死を迎えるのにも似て
波がゆわゆわ
干いてゆくのにも似て

電線が空を分割し
切れ端のそれから弱く雨
わたしは道端で濡れてゆく
全く泳げないが為

外灯のテレビジョンがまた
やさしい人が殺されたことを告げる

通りすがりのわるい人が
わたしの腰椎を抱き
接吻を繰り返し
わたしの体内には
剥離したわるい人の細胞が
流入して

やさしい人は
たすけてくれない
最初からずっと

わたしは口をぱくぱくしながら
溺れてゆくしか能が無い

夜が始まるから
わたしはわるい人に進化する
しか無い
スポンサーサイト


コメント

  1. こん | URL | qNeDNfqA

    なんとなく分かる(一転して曖昧な供述)
    なんとなくだけどな!(言い放って颯爽と去る俺)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。