スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんちぐらし(仮)

2010年01月29日 15:03


わたしの住んでいる部屋は
旧い団地の中にある

1から50までの番号をつけた号棟が
灰色ががった外壁を見せて
規則正しく並んでいる
そのうちのひとつ
右上に21という番号のついた棟の
小さな孔から入って
うす暗い急な階段を上がった五階
そこがわたしの居室である

何しろ棟はみんな同じかたちで
しかも無数に建っているので
引っ越してきた当初は一晩中迷って
とうとう部屋まで辿り着けなかったこともあったが
それからは帰宅するたび部屋のドアに
背中をこすりつけて
自分のにおいをつけるようにしたので
今では目を閉じていても自分の部屋へ
帰ることができるようになった


初めてこの部屋に案内されたのは
去年の冬のことだった
不動産屋は
うさぎみたいに無表情な人で
いや
もしかしたらうさぎだったのかもしれない
発達した前歯でしきりにガムを噛みながら
ぴょんぴょん跳ねて
イマ キメナイト ホカノヒトガ ハイッチャウヨ
トッテモ ニンキノ ブッケンナンダヨ
ホカノヒトガ ハイッチャッテモ シラナイヨ
ときいきい言っていた

明るい部屋はがらんとして
前の持ち主がのこしていったという電灯が
天井から下がり
なぜか女の裸がプリントされたシールばかりが
柱にべたべたと貼られていた
なんだかぼんやりする部屋だったが
ぼんやりするところがいいと思った

少し間を置いて
じゃあここに決めます
と言ったら
不動産屋は喜んで喜んで
ふああと息を吐き出しながら更に飛び跳ねた
ブルーベリーのにおいが
鼻先にかおった


引っ越してきてすぐに
シールを剥がす作業にかかったのだが
トイレに貼ってある女のシールだけが
どうしてもはがれない
女は挑発的なポーズをとっているし
ちょうど目線の高さに貼ってあるし
気になって仕方がない
用を足しに来るたびに
爪で引っ掻いてばかりいる


真夜中
カーテンをあけて
台所に腰掛けて星を見る
だけどここは
街灯やビルの灯や他の家の灯がまぶしくて
いくら眼を凝らしても
殆ど星は見えない
仕方がないから
窓に油性インキで星を描いてみた

 ☆

 ★

なんだか馬鹿みたいになってしまったが
ほんの少しだけ満足した


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。