スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車

2009年08月12日 17:11


四角い硝子の内側に
ぶわぶわしたひとびとが
等間隔に産み付けられた卵のように
ぎっちりと隙間なく座っている
人間ではないふりをした顔は
電灯に照らされて
生気がないように青白い

各駅停車はのろのろと進み
中吊り広告は猟奇的な事件を
こぞって書き立て
そこだけ人間臭いような雰囲気が漂っていた

窓から見えるのは
夥しい数の信号機とお墓ばかり
一体なんのために生きてきたのだろう
そんなにまでしてどうして生きてゆくのだろうか
わたしも知人も知らない人も
みんな重たい荷物をひっぱりまわして



駅の喫茶店で手紙を書いている
キオスクで買った百円のボールペンで
精一杯ていねいな文字で
だけど
書きたいこととは違う方向へ
どんどん逸れていってしまう
おわかれの手紙を書いているのに
気づくとカモノハシの生態について
便箋を埋め尽くす勢いで書いてしまっていたので
諦めてペンを置いた
カモノハシは眼をつぶって水中を泳ぐ
だけどいまそんなことはどうだっていいのだ

あんまり明るすぎるせいなんだろうか
窓の外を見てみると
通りすぎてゆく人々はよそよそしく
すこし透き通って
さんさんと陽が射していた
口に含んだアメリカンコーヒーだけ
雨の味がして親しくて

遠くのホームの発車ベルが聞こえる

(あ、遅れてしまう)



雑踏の中から帰宅した夕暮れ
ふとズボンのポッケットへ手を突っ込むと
果実のような形をした
誰かの心臓が入っていた
急いで降りた駅へ戻り
遺失物の確認をしたのだが
―心臓を落とされた方ですか
―いなかったようですけどねえ
新月の夜に似た濃紺の制服を着た駅員は
何かの帳簿をいじくりまわしながら
つまらなそうに言った

その日からわたしは
ズボンの尻ポケットへ心臓を入れたまま
町じゅう歩き回っている

もくんもくんと動き続ける心臓を
早く持ち主に返さないといけない
そうしなければ
誰かがそばにいるような気がして
誰かがそばで
わたしに笑いかけているような気がして
安心してしまうから困るのだ



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。