スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーへ行く人

2009年08月05日 15:08




毎日
夕暮れ時になると
必ずスーパーマーケットへ行ってしまう
何か買うべきものがあるように思うのだ
冷蔵庫の中には
肉も野菜もそろっているのに
心の片隅がすうすうして
それを埋めるものを買いたい


自動ドアが開くと
許されたようで安心するんだ


そのまま
棚と棚との間を回遊魚のようにふらついて
カップラーメンをいくつか籠へ入れた
子供のころ
日曜日に父親と二人きりだと
昼食は毎回カップラーメンだった
大きいやかんで沸かした熱湯を
二人で大騒ぎしながら線まで注いだ
そのためか今でも
カップラーメンを食べるときは
少し嬉しくなってしまう


Mサイズ無精卵十個入りを
手に取ってしげしげと眺める
養鶏場で
卵を産むことを強制されているめんどりは
一体どのくらい居るのだろう
無精というところがなんとなく残酷だ
卵をうみきったら
最後には生きたままミンチにされてしまう
かわいそうなめんどり
そんなめんどりのことなんかお構いなく
ぐちゃぐちゃに卵をかき混ぜて食べるわたし


牛乳の棚の前で立ち止まる
あまり牛乳ばかり飲むためか
今でもわたしは背が伸び続けている
こないだの健康診断では
医者に
百年たったら東京タワーを追い越すくらいになる
と言われて
おそらくだけどわたしはあと百年も生きられないと思います
と答えた
百年後の世界に思いを馳せながら
たぷんとしたやつをひとつ籠へ入れる


レジ打ちのひとの横顔は
びっくりするほどあおじろい
小銭を出しながらいつも思う
このひとは
このスーパーの中に住んでいて
長いこと外へ出ていないのかもしれない
カップラーメンや乾物に囲まれて
案外安らかに眠っているのかもしれない



会計を済ませて表へ出ると
もうすっかり暗くなっている
突っかけてきたビーチサンダルは
昼間の熱がまだ残っているアスファルトの上で
ぱすぱすと心もとない音を立てた

心には未だ
すうすうと風が通り抜けていて
とても静かだ
ぶら下げたマイバッグの中には
死んだものばかり詰まっていて



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。