スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Night dreams

2009年05月29日 05:28




駅の前を通りかかると
ちょうど始発の着いたところだった
まだ薄暗い町にはぽつんぽつんと灯りがともってさみしい
がらっと列車のドアーが開くと
無数の革靴が降りてきて
ビーズをこぼしたような足音が
ざらざらざらとホームに響いた
革靴は次々改札を抜けて
帰るべき場所を目指し歩いてゆく
電車がごうんと動き出したあと
乗り遅れたのだろうか一足の革靴が
所在なさげに立ち尽くしていた


恋人が銀色の冷たいメスで
背骨に沿ってわたしの体を開いてゆく
月に一度そうしてほしい とお願いしている
わたしはなんでも食べてしまうので
たまに変なものが体内に入り込んでいる時があるのだ
いま恋人の使っているメスも
いつかわたしの体内から恋人が細い節くれだった指で
そっとつまみだしたものなのだ
ため息をつく
すっかり開かれて
むき出しになった脊椎に風が当たって涼しい
恋人は人差し指を入れて
静かにわたしの中をかき回していたが
やがて小さなきたない石を取り出した
どうもこれは星らしいぞ
そう言いながら硝子瓶の中に入れてキルクでふたをした
わたしから出てきたもののほとんどは
そうして恋人がコレクションしている
星は窓際に置くことにした
昼間はただのきたない石だが
夜になると硝子瓶の中でわずかに光って
はかなげでとても美しいから


現実から逃げたくて
夜の道をどんどん走ってゆく
息が切れて苦しくなってだけどそんな苦しさなんて
現実に比べたら遠く及ばない
そのうち吉野家もファミリーマートも
はるか後ろに過ぎ去って
まだまだ道は続いているように見えるところで
こちんと壁に行き当たった
そこが夜の果てだった
壁面をたどって横へ移動する
小さなドアノブがあったのでそれを回して
夜の向こう側へ行こうとしたのだが
押しても引いてもひらかない

鍵が要るのかもしれない
と気付いたときにはもう夜明けで
既にわたしは逃げ場を無くして
また一日が始まってしまう
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。