スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某日

2009年05月16日 02:13

某日
土手に咲いている花が
なんだか痩せた女のように見える
風が吹くとくすくす笑いながら揺れる
女というのは笑っているときが一番きれいだ
見とれているうちに陽が暮れた

某日
今日
確かにスーパーで魚を購ってから
帰宅した覚えがあるのだが
焼こうとしたら無くなっていた
ぼんやり生きているからなのだろうか
だから
切り身の魚にさえ逃げられてしまうのだろうか

某日
魚が見つかった
読みかけの文庫本の間に挟まっていた

某日
最近やたらにのどが渇く
欲するままに水を飲んでいるのだが
数日前からなんだか
体が透き通ってきたような感じがする

某日
小指に
ほそうい赤い色が結ばれてあった
期待しつつたどっていくとその先は
行き止まり
という標識につながっていた
これではあんまりではないか
さめざめと泣いてから帰宅して
ご飯を二膳くらって眠った

某日
手紙が届いたので
わくわくしながら封を切った
中にはA4サイズのコピー用紙に
たった一字だけ

と書いてあるものが入っていた
どうやらわたしは
何かを誤っているようなのだが
何を誤っているのだろう
自慢じゃないが
生まれてからこっち
誤りだらけの人生を送ってきたのだ
負けるかよ
と呟いて笑ってみたのだが
その日からこっち
どうも気になって眠れない
元来小心者なのである
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。