スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろまさん

2006年08月20日 08:18


ろまんちすとの、ろまさん
という人が居た

ろまさんとわたしは
高校生のときに知り合った
夢想しているような人が窓際にいるなあ
とわたしは思い
それと同時にろまさんも
詩人のような人が廊下側にいるなあ
と思っていたらしい

ろまさんはよく夢想した
箸を可哀相な恋人達
机を茶色い王国
学生鞄を氷の牢屋
教科書を温かなバウムクーヘン
とそれぞれ呼んだ

しかし何故か
女の子の上に夢は描かなかった
ろまさんは勉強が物凄くできたが
女の子にはもてなかった

しかし高校二年の春
そんなろまさんにも恋人ができた
彼は恋人を
まだ青いうちに摘まれた苺ちゃん
と呼んで得意げに笑った

ろまさんと苺ちゃんは
ぴったりの組み合せに見えたのだが
どうしてか
どこかが痛々しくて正視できなかった

それを指摘しても
ろまさんは

そりゃあそうだ
僕たちは言わばまだ光らない一番星だからね

等と解らないことを言うばかりで
ろくに耳を貸してくれなかった

ろまさんの夢想は
その頃にはもう
現実に即さない
意味不明のものになってしまっていた

余程うれしかったんだろう

それから半年ばかりして
苺ちゃんが妊娠した

ろまさんは眼を充血させ
どんどん痩せていった

多分おれの子供じゃないんだ
とだけ言って

ろまさんは
最早ろまさんではなかった
ただの狼狽する男の人だった

それから苺ちゃんは
高校に来なくなった
ろまさんも
早退ばかりするようになって

いよいよ臨月だった

それは神無月
ろまさんとわたしが初めて会ったときのような
すかん、と晴れた日だった

ろまさんが死んだ

屋上から飛び降りたのだ
くつをきちんとそろえて

遺書は無かったそうだ

わたしはお葬式に行かなかった
そのかわり
ろまさんが飛び降りたのと同じ高さのビルに上がってみた

神様はみんな
どこかへ行ってしまったから
今ここには居ない
ということが何故だか強烈に実感できた

わたしは
ろまさんのことを考えなきゃならないのに

だけど思い出せなかった
ろまさんがどんな男の人だったか
においもかたちも声すらも
もう随分とおいところへ行ってしまったんだろう

その日は結局
うまいこと泣けなかった

それから幾年も経って
ろまさんが昔話になった頃に
わたしは街で偶然
苺ちゃんを見た
苺ちゃんはもうすっかり完熟していて
ろまさんにどことなく似た旦那さんと
小さいろまさんを連れて
楽しそうに歩いていた

なんという悲劇だろう
あれは
ろまさんの子だったんだ

その夜わたしは
ろまさんの為に初めて泣いた

死ぬことなかったじゃないか

とか

ろまさんが
りありすと、ならよかったんだ

とか思いながら

ろまさんの墓は母方の実家がある
島根に建てられているらしい
十月になったら
神様と一緒に
会いに行こう

そう思って
泣き腫らした眼で
手を合わせた
スポンサーサイト


コメント

  1. ハル | URL | -

    すごく好きです。長いのに、長さを感じさせず、グイグイと引き込まれてしまいました。改訂版より、こちらのほうが好みです。ろまさん、もっともっと、ろまさんのお話を読みたいよと感じさせる、とても素敵な詩です。

  2. 柊みん | URL | mauyLjdI

    お初です。


    好きな感じです。

    発想が素晴らしいなぁと思いました。

  3. ピクルス | URL | .zfh79b6

     
    あ、
    私は、こちらのがいいな。
    なんというか、
    救われない話オンリー、でもないし、さ。

    傲慢さが自信とイコールではないように、
    繊細なのは臆病という意味ではなくて。

    うまく云えん。

    ロマンティストの、
    その庭は広いが
    その部屋は驚くほどに狭い。

    わけわからんな。スマン。

    近作では、一番好きだ。
    ありがとう。
     

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。