スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変な子供だとよく言われた

2009年02月21日 12:06


いちたすいちはに
にたすにはよん
よんたすよんは

小さくつぶやきながら足し算をしていると
頭蓋のなかに
小さな泡がどんどん増殖してくる
それらは
しまいには嫌なにおいをたてて
口から一気に溢れ出してくるのだ

そこいらじゅうべたべたになった畳の上で
だけど逃げ出すわけにもいかずに
膝をきちんと折り畳んで座り
ごたすごはじゅう
などと
相変わらず呟いている

少し埃っぽい冬の陽射しが
硝子のように鋭角に砕けて
ひいやりした台所の床に
幾何学模様をつくっている



あのころ
母親は小さな妹を生んだばかりで
始終いらいらしていた
母親の周囲の空気は
電気を帯びていてうす青く
不用意に触れるとぱちぱち云うのだった

妹はまだ林檎くらいの大きさで
何もしゃべらずに
お布団の上でころんとしていた
しめっぽい
血みたいなにおいがしていた

母親が抱いてくれないので
わたしは
いつも父親に抱かれていたのだが
父親の肌は古い紙とマイルドセブンのにおいがして
なんだか妙にすべすべで
わたしとは違う生き物みたい
遠い国からやってきた名も知らぬ動物みたいだった

晴れた日曜日
よく二人でカメラを持って
近所の公園へユーフォーを撮りにいったことを覚えている
その不思議な円盤が
わたしたちの前に現れたことは
一度もなかったから

ぼんやりと上を見上げながら
ただ座っていた

世界中に
わたしたち二人しかいなくなっちゃったみたいな気持ちで



留守番をたのまれたけど暇なときは
縁側に
子供用の赤いおざぶとんを敷いて
陽に当たりながら鉛筆を削った
わたしはきちんと鞘に入った小刀を持っていて
鉛筆を削るときだけそれを使った
陽が傾くまで夢中で削って
おなかが空くと
削りかすを食べた
おなかが空くと淋しくなるから
手当たり次第にいろんなものを食べた
満たされればなんだってよかったんだ
その頃から
今までずっと

陽が暮れて
薄ぐらい縁側に
さくさく云う音だけが響く

誰も帰ってこないから
赤いおざぶとんに乗って
不格好に尖った鉛筆とよく光る小刀だけ持ったわたし

眼を閉じて
遠いところまで一人で
漂流してゆく
スポンサーサイト


コメント

  1. 靜ト | URL | l41oCkJM

    こんにちは

    こんなところまで追いかけてきてしまってすみません。
    かなしみって明るい時の方が残酷です。
    世界の縮図のような気がしてきます。
    独り言でごめんなさい。
    すてきな風景を戴きました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。