スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場はショッピングセンター

2009年01月29日 15:54


伸ばされた指先は
何に触れることもなく
平面的な笑顔を貼り付けて立っている
飽く迄も白くてなめらかなあの体は
日本人の平均的なサイズなのだと云うが
わたしはとうにそのサイズよりも
遥かに大きく育ってしまった

諦めたように硬直している
樹脂性のマネキンが林立している通路を歩く
裸のマネキンは
性器がいい加減につくってあるから
人間になりかけの怪物みたいだ
みてはいけないもののようで
いつも直視できないから
俯いて靴ばかり見つめている
俯いて靴ばかり見つめるから
わたしはだんだん海老に似てきた

従業員休憩室は寒くて薄暗い
人の住まぬ海底の
洞穴のようである


不思議な金属音が響いている
合い鍵を作る店の前で立ち止まった
間抜けなエプロンを着けているお兄さんに
あのわたしの心の鍵を作ってくれませんか従業員割引で
と頼むと
三十分で出来上がる
と言う

三十分後に渡されたのは
♀のような形をした
ちゃちな金属片だった

あのこれ鍵ですか

小さい声で尋ねると

いえそれは栓抜きです
あなたの心は栓抜きでなければ開きません

とこともなげに言われてしまった

騙されたような気持ちである
お会計三千円(割引済)を支払ってしまうと
財布のなかが空っぽになったから
小銭入れのところに♀を入れた
歩くと馬鹿にするように
へらへらへらへら音が鳴る

腹立たしいが捨てるのも惜しいし
いやにぼんやりしてしまう
なんだかんだと文句を言っても
わたしのこころというものは
存外簡単に出来ているらしい


宝石屋のスタッフさんは
いつもスーツを着ている
スーツで来てスーツで帰る
休日もスーツの着用が義務付けられているから
もう皮膚のようになってしまっているとのこと
ざわざわと寄り集まって
なにかを相談しているかれらの背中は
不吉な予兆のように黒くて

ひかりものを口にくわえて
こちらを見据えるその眼は
ぎょろぎょろに光ってしまっているから
簡単に巣に持ち帰られてしまいそうな気がして
いつも怖い


出勤時には従業員用裏口から入り
犬みたいな顔の警備員さんの前で
名前を署名して
退勤時には同じ裏口から
警備員さんに何も盗んでいないことを見せてから
退勤時間を署名の横に記して帰るのだが

ときどき
書いたはずの自分の名前が見当たらないときがある

犬みたいな顔の警備員さんが
更に犬みたいになるから焦るが
焦るほどに見つからない

わたしは自分が確かにいたと
朝から今まで消えずに存在していたと
証明しなければ帰れないのだ

靴音が妙に響いて
すごく不安だ
署名は全部わたしの筆跡に似ていて
その全部がわたしの名前ではなくて

石油ストーブの燃えているにおいがする
外は雨らしい
寒い
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。