スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総天然色

2008年09月19日 12:06



朝起きると、いやに空の青が鮮やかだった。
あまりに鮮やかなので、直視できない程だ。
町に出ると、道行く人たちが、ヴィヴィッドな蛍光色の洋服を着ているように見える。
眼がちかちかして耐えがたい。
公衆便所に入って息を整えた。少し汗をかいている。
髪を整えようと古い鏡に眼をやったときに、あ。と思った。
わたしは、色を失っていた。
いや正確には、わたしの肌から爪から服まで、すべてが白黒になっていた。
あ。あ。あ。と、あ。を何回も繰り返して鏡の前から走り去る。
昨日まで色付きだったはずなのに。
道路によろよろとまろびでると、色が無いからであろうか。非常に所在ない。
誰とも分かり合えないみたいな気持である。
しょぼしょぼと歩いて帰った。
帰宅して押入れの中を探したら、水彩絵の具を見つけた。
色を混ぜ合わせて、元の通りになるように、自分の表面に塗ってみる。
うまくいったかのように思えたが、すぐに汗でどろどろに流れた。
洗面所の前に立ってみる。
鏡の中には化け物のような生き物が、泣きそうな顔をして立ち尽くしている。



※月刊未詳24「散文・エッセイ板」中の「吉田群青短編集」へ投稿した作品
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。