スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年07月21日 03:38

海を見るのは好きだけれど
泳ぐのはあまり好かない
ぬめぬめしたものが絡まりつくし
飲んでしまう海水はいつだって
あまりにのどに塩からすぎる
それなのに夏になると
いつの間にか海に居るのは
夜中になると上がる無数の手や
砕けた貝殻や魚や宇宙
そういったものに呼ばれているためだろうか

何年か前
海水浴へ行った帰りの道で
わたしを含めて二人だけの筈だったのに
後部座席に一人
人が増えていたことがある
それに気づいたのは高速をおりてからで

ねえ一人多くない
と顔を近づけて囁いた相手は
湿って歪んだわたしだった

夕暮れの海に向かって体育座りをして
ともだちの惚気話を聞いていた
そろそろうんざりしてきた頃に
眼前に扉が現れた
ぺらぺらの一枚だけの扉
どこにもつながっていないようだった
ふとともだちが立ち上がり
それを開けて中へ入っていった
入っていって出てこなかった

え と思ってわたしが開けても
そこには眼前の風景があるばかりで
ぱたん と倒れた扉は
波にさらわれていってしまった

それっきりともだちの姿は見ない

でもほんとうに正直なところ
ちょっと いい気味だと思っている

暗い海に胸まで浸かり
火のついた煙草をくわえて
こちらを見ている人がいる
夜はとっぷり更けているようで
その人の顔は見えない
ひとすじの煙が空に立ち昇って
送り火のようでもある
やがてそのひとは何も言わずに
ざぶざぶと沖のほうへ行ってしまう
煙草の先端の火だけが
小さくゆらゆらと進んでいく

そういう夢をよく見るのだけれど
目覚めたあとには必ず
布団に砂がこぼれている
そして
財布を覗くとレシートとレシートの間から
ポケットティッシュを出すとそのパッケージの隙間から
ぱらぱらぱら
砂がこぼれてくる

服を着てポッケットに手を入れてみた
ざん と海水が指先にふれ
いったい海はどこからどこまでつながっているのだろう
わからない
寝転がると溺れてしまうそうだから
ずっと正座してテレビを見ていた
砂嵐は潮騒の音がする
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。