スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すーぱーまーけっと

2006年08月15日 23:49


さざ波のように
そわそわと
長方形の面積いったいに
人が広がり
寄り添い離れてゆく

さまざまな形の手
腕が伸びて浮遊する
まるで風に吹かれる稲みたいだ
まだ青い、フレッシュな稲

子供が走って来て
わたしの腰を抱きしめ
オカーサン、
と言った
つむじのあたりから
シッカロールの匂い

わたしはなるべく優しく
違うよ、
と言ったが
露呈してしまったかも知れない
子供嫌いだということが
その証拠に子供は
つまらなそうに
ぷい、と去ったから

あの年齢でもう
性欲がめばえているのかな
すげぇな、
と思って見送った

藍や青や白の布きれが揺れて
すこしだけ生暖かい風が起こる
笑い声や怒声が響き
まるで縁日だった

わたしはぼんやりとしながら
荒い息で恋人を思う

硝子越しに橙の大きな月
夏みかんみたいに
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。