スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と戸棚と着信音

2008年07月19日 08:55


ポストには請求書ばかりが届き
携帯電話の受信フォルダは
迷惑メールでいっぱいだ
履歴書を書けば誤字脱字ばかりで
修整液はとうに使い切ってしまったし

紙屑ばかりあふれる部屋で
どうしていいかわからない
一日中がさがさと動き回っている


冷蔵庫に入れ忘れた長葱から
虫が生えていた
昆虫図鑑にも載っていない虫だと思う
キャラメル色の頼りなさげな姿態
細い細い半透明の

たぶんすぐ死ぬ虫だろうから
放っておいた

あの虫とわたしとの違いを考えてみたけど
何も思いつかない
案外同じものなのかもしれない


食器棚を開けて中に入る
すこし窮屈だったけどちゃんと収まった
入っていた食器やスプンやフォウクを
全部床に落としたら
豪華な音がして 目の前が眩んだ


ちぢかまって静かに息をし
瞼を下ろすと宇宙が広がる
☆の形をした薄っぺらい星が
瞼と眼球の間の闇に貼りついて
アルミホイルのようにしらしらとそよぐ

こうして見る限りでは
天国も宇宙も案外狭いもののようである


いつの間にか眠ってしまって
外は丸っきりの闇だった


握っていた掌を開いたら
白い花が零れ落ちた
なぜだろう
立ち上がろうとしても
花びらばっかり散って
うるさくて仕方がない


遠くで携帯電話の着信音がして
いいや
それともあれは
わたしの笑い声だったろうか


なまぬるい闇
笑った口が裂けて落ち
暗闇の中で三日月となる
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。