スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早送りの挙句のたまごかけご飯

2008年07月04日 10:50


燃えるごみを
ごみ捨て場へ持って行こうと
外へ出たら雨であった

透明のビニール傘を差して
そのままぼんやり空を見上げる
水滴の降ってくるさまが見えるのが
大変おもしろい

周囲でくるくると人が渦巻いては離れ
ごみ収拾車が走り
花が咲いては散り
草は手を伸ばし続ける
誰かの声が近くで響いた
途端に遠くまでいき
また戻ってくる


と気付くと冬になっていた

手元のごみを見ると
半年前に捨てた
古くなった鶏卵から
ひよこが孵り 鶏へ育ったらしい
足元をせわしなく走り回っている

傘をつぼめて部屋へ帰った

君は居なくなっていた
その代わり
君の形をした影が
待っている姿のまま壁に染み付いてて
夕飯の上に雪のように埃が積もっている
食べないで待っていたんだね

抱きかかえていた鶏を放したら
君の染みの前で卵を産んだので

ごめんね
と言いながら
埃まみれの米飯に
生卵と醤油をぶっかけて
埃もろとも掻き混ぜて食べた

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。