スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君とわたしの生活

2007年12月21日 18:06


君は怒ると口から吹雪を吐き出す
最初見たときは
なんてダイナミックな怒り方をする人だろう
と思ったけれど
今ではもうすっかり慣れて
うわっ
と君が吹雪を吐き出し始めたら
きちんとマフラーを巻いてコートを着て
手袋をしてじっとしている
そして吹雪が止んだら
床に積もった雪を掻き出しながら
気が済んだ?と静かに聞く


暖房をつけても
ストーブを焚いても
君の震えが止まらないときがある
そういうときは距離を置いて
様子を見ることにしているけれど
ある夜
君はあんまり震えすぎて
かちゃん
と割れてしまった
粉々になった君をどうしたものか
少し迷ったけれど
普通に布団を敷いて
ちりとりで集めた君の破片をのせて
毛布を掛けておいてやったら
朝にはちゃんと元に戻っていた


おまえは無理をすると縫い目が破れて
その破れ目から中綿がはみ出してしまうんだから
決して無理をしないように
と言われたことを忘れて
米を五キロ買って歩いて帰ってきたら
べっ
と縫い目が破れてしまって
中綿がすっかりはみ出してしまった

なす術も無くそのまま
こたつで転がっていると
君が来て
赤い糸で破れ目を丁寧にかがってくれた
駄目だって言ったでしょう
と叱りながら


そうやってままごとのように遊びながら
君と暮らして一月が過ぎたが
いくら一緒にいても
解らないことばかりだ
もしかしたら君もわたしも
人間でないのかもしれない
それともこれが普通なのかもしれない

それはともかくとして
今晩はシチューだから
部屋もあたためておいてやるから
早く帰っておいで
死んでしまったって
何回でも生き返って
ずっとここで
待っていてやるから

スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michmichi777.blog31.fc2.com/tb.php/364-cb7b1d6b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。