スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧のバス停

2006年08月12日 18:19


バス停の腰掛けは
ふわふわ

きちきち

小鳥が肩を寄せ合い

寂しいんですか

バスはテトリスみたいに
入れ代わり
消え
また現れる

誰かを探しているんですか

右から三番目の小鳥が
レースの下着に似ていたから
そうっと掴んだら
ぱりぱりと砕けてしまった
乾ききって
夏の終わりの蝉みたいに

そうか
多分
つくりものなんだ
ぜんぶ

気付いたら
あたりには霧がたちこめて
いや
霧ではなくてそれは
小鳥が砕けた粒子だったんだと思う

バスは全然来なくて

誰を待てばいいんでしょうか
スポンサーサイト


コメント

  1. 秋 | URL | -

    これは寂しいねぇ。
    よんださんは人を寂しくする才能があるんじゃないでしょうか。
    その才能をもっているということは一般的な基準で言えば幸せな事ではないのかも知れませんが。それでも僕は羨ましいなって思いますよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。