スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠間の古民家

2006年08月12日 13:42


裏庭に
植物みたいに
たくさんの猫が
群れ生えて

やさしい線香のにおいが
満ちあふれています

この家には
祖母しかいない
はずなのに
どうして
ファミリーサイズの
ハーゲンダッツがあるのですか

風が山から
祖父の
曾祖母の
死んでいったさまざまの
匂いをさせて吹き
わたしのつむじを丸く撫ぜて
あるべき場所へ

ずっと遠くへ

隙間から夏がこちらを覗き
花のように
或いは
けもののように
睫毛の隙間をこじあけて
笑います

流れてゆく煙
祖父の遺したせぶんすたー
こっそり吸っています

のです

古ぼけたラジカセの
ヴォリュームを下げたのは
夕立がくるからでした
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。