スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ水の向こう側

2007年08月20日 00:58


歩いていたらいつの間にか
こんなに手が汚れてしまった
と言いのこし
君は逃げ水を追いかけていってしまった

わたしを横断歩道に置き去りにして
あの遠いきれいな水で
手を洗うために

あっという間に彼方へ過ぎ去った君は
まるで夏の空に出来た
小さな黒い染みだ
一度だけ振り返って手を振ると
逃げ水を飛び越えて
消えてしまった

信号は青になり
途端に横断歩道は
砂嵐のよう

渦の中で
くるくる回ると
急に
赤で立ち止まっていたのが
馬鹿みたいに思えた

わたしも君と一緒に
逃げ水の向こう側へ
飛べばよかった

気短な人が鳴らすクラクション
それに混ざって蝉の絶唱

いつの間にか右手には
洗っても落ちそうにない夏が
べっとりと静かに
貼りついている
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。