スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月と八月の終わり

2007年07月31日 18:21


七月という名の男子と
八月という名の女子がいた

二人はとても似通っていて
まるで双子のようだった

七月と八月は
安いパンを食べるのも
電車に乗るのも
銀行へ振り込みに行くのも
みんな一緒に
半分ずつにした

それでいいときもあれば
悪いときもあったが
二人にとってその点は
さして問題にはならなかったようだ

七月と八月は
よくわたしの家に来てくれた
わたしの家を笑い声で満たして
そこらを薔薇の香りにして帰ってくれた

彼らはまるで完璧に見えた

ご飯とおみそ汁の次くらいに
完璧な組み合わせに見えた

でも
そうじゃなかったみたいだ

ある雷の鳴る夜のことだった
七月と八月は
抱き合ってふるえながら

神様がいますように

と祈っていた

かみさまがいますように
かみさまがいますように
かみさまが

稲光はきっと七月の小麦色の肌を
金色に照らしたことだろう
雷鳴は八月の黒い髪を
ちらちらと火のように揺らしただろう

その翌日
二人の家の前には
救急車が停まっていた

二人がどうなったのか
わたしには知る術もない

何があったのか知らないが
逃げてしまえばよかったのに

馬鹿だな

二人ともあんまり誠実すぎたのだ誠実で
優しすぎたのだ

七月と八月を失ってからというもの
町はなんとなく
くすんだようになって

わたしは
帰らない二人を想いながら
居酒屋で
めろんさわーなんて呑んでいる

ふと
薔薇の香りがしたと思ったが
気のせいだったみたいだ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。