スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライヴィング

2007年06月30日 14:55


世界中が
チョコレートの溶け出す温度になってしまっても
わたしはまだ溶け出さない

そのことを少し不思議に思いながら
車内の温度を北極くらいまで下げる

アクセルを踏み込むと
車は柔らかな猫のように唸るから
何だか大きな猫にまたがって
移動をし続けているようだ

もう 遥か 昔から
目的も無いのにこうして
走り続けていたような気分にさえなる

路傍に転がっている数々の死骸
侵略された惑星を見るようだ
上半身と下半身の離れてしまったパピヨン
人間の子供に酷似した猿
美しい色の腸を
何かに結びつける途中で息絶えたかのようなイタチ
死んだ動物のかおは
どうしていつも
すこし笑ったように歪んでいるのだろうか

やがて日は暮れて
世界中が真っ暗になる時間がくる
きっとくる

道しるべのように
センターラインが地平線まで伸びて
それさえ辿っていけば
救われそうだった

やさしい手つきでギアを沈めると
赤や黒や白の大きい猫たちが
眼をぴかぴかに光らせて
狂ったように駆け抜けていく

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。