スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

2007年06月26日 18:07



女子高生のルーズソックスの中には
何が入っているのだろう

はるか昔
恐竜が生きていて
まだわたしが女子高生だったころ
何度もルーズソックスを履こうと試みたが
あの絶妙なふくらみを
何度やっても再現できずに
結局いつも紺のハイソックスばかり履いていた

クラスメイトの
いつもルーズソックスを履いていた女の子に
一度訊ねたことがあるが
彼女は答えず
ただ高らかに
鳥のように笑っただけで

女子高生のルーズソックスの中には
何が入っているのか
わたしは未だに知らないままだ
だけど推測するに多分
あの中には
過ぎてゆく時間を惜しむ悲しみと
それから何かこまごまとしたもの
たとえばアイライナーとか消しゴムとか
そういったものが入っているような気がする

だからわたしは女子高生を見ると
いつも切ない気持になる


夜半に体がちくちくするので
裸になって見てみたら
体中の毛が小麦になっていた
黄金色にぴつんと生えた小麦は
一本一本
削ったみたいにちゃんと尖っていた

わたしはしばらく逡巡したが
思い切ってT字かみそりで
小麦を全部刈り取って集めて
それから製粉して こねて のばして
ロールパンをひとつ焼きあげた
ロールパンは不格好で温かくて
役に立たないから食べてしまうしかなくて
それはなんだかわたしに
とてもよく似ていた

初夏は変なことばかり起こるので楽しい

すべすべになった体で笑うと
窓の外で星がひとつ
バターのように溶けて流れた


野菜室を開けて
こんばんは
夕食を作りに来ましたよ
と挨拶すると
野菜たちは一斉に冷気を吐いて
ふうっと
諦めるみたいに笑った

手にしっくりとくるのは
やっぱりいつだって人参だ
ひんやりと堅い人参は
仕事ばかりして
家事もろくに手伝わないわたしの掌を
まるで許すかのように
夕暮れ色に染めてくれる

物言わぬ野菜たちは
ただ果てしなく優しい

切り刻んでころしても
文句ひとつ言わないばかりか
沸騰したお湯の中で
溶けてしまうまで踊ってくれる

背後ではニュースキャスターが
BGMのように殺人事件を伝えて

網戸から吹きこむ風は
えだまめのにおいがする



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。