スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏

2007年05月16日 16:39


初夏の山は
いいにおいをしたものを
たくさん体の中に詰めて
まるで女のように圧倒的な姿で
眼の前に立ちはだかってくる
たまに野良仕事をしている百姓が
山に見惚れていることがあるが
あれは欲情しているのだろうか


わたしの生家は山のふもとにあって
四方を水田に囲まれている
その為に
陸にあるのに孤島のように見える
ちょうど今頃の時期になると
水田には水が入り
休日に青空が植えられるので
晴れた日には空も周囲もみんな青くなる
まるで浮かんでいるみたいな気持ちである


夜になると水田からは
蛙の泣く声がきこえる

初夏に泣く蛙はご先祖様の生まれ変わりで
帰りたい
帰りたい
と泣いているんだよ

と教えてくれたのは祖母だったろうか
それを聞いて以来
あまりに蛙が泣く夜は
切ないような泣きたいような気持ちになってしまう


初夏に生い茂る草は
なぜかみんなⅤの形をしている
ヴィクトリーのⅤだろうか
一体何に勝ったのだろう
それはわたしにはわからないが
夕暮れに一斉にゆれるⅤの群れは
確かにこの世で
もっとも強く美しいものに見える

Ⅴの群れが
ざざざ
とゆれる音は
まるで激しい夕立か
さびしいときの心臓の音のようだ


子供が幾人も駆けてきて
てんでに飛び上がりながら
夕空を千切って食べはじめた
ここらの子供の頬がいつも
滑稽なくらい赤くてぴかぴかしているのは
こうして毎日
夕空を食べている為であろう

飛び上がる子供たちは
夕日を背に
骨が透けて見えるような儚さで笑っている


初夏はさびしい
くちいっぱいに広がる風は
薄荷の味がして

初夏はさびしい




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。