スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い林檎と赤い苺

2007年04月02日 11:13

21世紀騎手キリリク詩
テーマ:青い林檎と赤い苺

いちごが赤く熟れて
春の野に溶けてゆきます
お元気ですか
君が
干してあった靴下と共に
風にさらわれてから一年が過ぎました

君がいなくなってからというもの
僕の時間は
以前より格段に速く過ぎてゆくようになり
こうしている間にも
桜は散り
向日葵が咲いては枯れ
紅葉が赤く色づいてゆきます
世の中は目まぐるしいです
僕はたちまち年をとります
きっとあっという間に死ぬのでしょう
悲しくはありませんが
途方に暮れてしまいます

思案した末
この手紙は飛行機の形に折り曲げて
両翼に君の名前を書いて
風の強い晩
月へめがけて飛ばすことにします
届いたらどうかわらってください
空のとおくで
わらっていてください

さよなら

(りんごが青ざめて
木から落下してゆきます
どうやら冬が
きたらしいのです)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。