スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道々雑記

2007年03月15日 19:55



夕暮れ
空には網がかけられている
それは
会社から帰る途中
嬉しくて思わず飛んでしまう
そういった類のひとたちを
捕まえる為の罠である


好きなひととビールを飲んだ
好きなひとは
金色の液体をすいすいと飲み干し
それを食道あたりで
小さな金の獅子に仕立て
口から出してわたしにくれた
そういうひとだから
好きになったのだ

獅子はきゃらきゃら走り回り
きっかり三分後には溶けて消えた


白い服を着た女が
屋上の手すりを乗り越えるのが見えた
一分後に再び見ると
女は既にいなくなり
代わりに大きな鳩が一羽
ゆっくりと旋回するところだった


道行く恋人たちの手は
糸で縫い合わされ
ぴったりくっつきあっている
彼氏がよそ見をしている隙に
鋏を買ったあの彼女は
もうじき別れるつもりだろう

あんなに冷たい目をしている
スポンサーサイト


コメント

  1. タケシ | URL | -

    『好きな人とビールを飲んだ。』

    このフレーズで、もうしびれました。

    イメージがわんさか湧きました。ブラボー♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。