スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の話

2007年03月11日 19:12



好きと嫌いが
ギアの上で揺れていました
わたしはちょっと迷いましたが
結局どちらとも決められないまま
右手で好きも嫌いも
すっかり覆い隠して
細心の注意を払い
前の白い車を追い越しました

上司から電話が架かってきています
わたしはそれを無視しました
携帯電話が静止するさまは
まるで心臓が止まるようです

誰が泣いているのかと思ったら
雨が降ってきたのでした


道行く人は幸せそうです
ぼろのスーツを着たわたしは
まるで乞食かさなぎのようです
右胸だけが不自然に膨らんでいるのは
大量の名刺が入っているためで
ときどき海へばらまきたくなります
何百枚ものわたしの名前が
海へ舞い散る情景は
きっと美しいことでしょう


ふふふと笑うと電話が鳴ります
電話の音は
夏の終わりの蝉に似ています
耳に押し当てた受話器から
流れ出してくる知らない声は
のったりと耳を満たすだけ満たして
すぐに切れてしまいます
不通音を聞きながら
わたしはメモ用紙を取り出して
頭をゆっくり傾けます
そうすると耳から声が流れ出し
ぼとぼとと記録されゆくのです

そうしてまたわたしは
同じようにからっぽになります
誰かの怒声が聞こえます


さようなら
と言って社を出ると
わたしはこっそり指輪をはめます
君からもらった指輪です
それは真っ暗な駐車場で
凶器のように光るのです


かばんは帰宅した途端
ひどく重たくなります
じゃっとファスナーを開くと
こぼれだしてくるのは
無能でした
すっかり無能を取り出してしまうと
あとに残ったのは
四色ボールペンだけでした


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。