スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜みる夢

2007年01月31日 08:46


とてもいい夢を見て
目覚めたくないと思った
翌朝
まぶたをひらくと
眼球がなくなっていた
あんまりだと思った


ねむっている人の髪が
みるみるうちに
黒猫に変わって
にゃあと鳴いた

ねむっている人が目覚めたとき
黒猫はちょうど
郵便受けから
出てゆくところだったそうだ


眼をあけてねむる人の
眼球には
そのとき見ている夢が
映ると云う
ためしに
半眼をあけてねむっている
飼い猫の眼を覗き込むと
魚の群れが右から左へ
さああと走ってゆくのが見えた


夜ねる前
目覚ましをあわせながら
もう誰にも会えないかも
知れないと思う
こわいこわいと言いながら
わたしは毎晩死んでゆく


朝めざめたとき
すっぽり
布団に潜り込んでいた
一体
わたしは何から
身を守ろうとしていたのだろう

抜け出したあとの布団は
無力なトーチカのように
明るすぎる部屋に
盛り上がっている
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。