スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急行電車/瞳孔行

2007年01月08日 19:18


ふと陽射しが眩しくて
立ち止まると
右眼に
ぎらぎらした
レールが突き刺さってきた
ざらざらした感触は
何故か夏を思い出させる

その
ぎらぎら色のレール上を
急行電車が止まらずに
何本も駆け抜けていった

わたしは瞳孔から後頭部へ
眼前から背後の空へ
斜めに突き抜けてゆく
電車の振動を感じながら

こんな世界で
いつまでも
生き残っていたくはないな
と確信に近い強さで思う

空は白黒に褪色してゆき
左眼で石炭が
ぼうぼうと燃える

わたしはひとつ
くしゃみをしてから
そっと
まぶたの遮断機をおろした
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。