スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散逸してゆく日々の記録を(短歌)

2007年01月06日 14:59


街灯の
周囲に孤独が群れる夜
耳をすませば犬、遠吠える

鳥たちが
十字架のように羽根ひろげ
薄暮の空に貼りついている

雨天こそ
こころ華やぐべきでしょう
赤い傘さしスキップターン

公園の
ベンチで履歴書書いている
机に向かうと悲しくなるから

何時までも
不器用なままでは厭だから
取り敢えず折り紙はじめてみました

ブーツ履き
必死で大人の振りして歩く
二十三歳まだ子供です

訳も無く
逢いたい逢いたい逢いたいと
十回言って疲れてねむる日
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。