スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断片集

2007年01月02日 19:04



ずいぶん昔
わたしたちは恋人同士だった
あんなにも完璧に
理想的な形で
つながっていたのに
満月の夜だっただろうか
わたしが
あの柔らかな部屋から
いとも容易く
追放されてしまったのは
一緒に流れ出した羊水は
外気にふれると
途端に厭なにおいをたてたから
もう
何だか
泣くしかなかった


男の人は
抱きしめると
掌くらいの大きさの
さびしい林檎になってしまう

女の人は
くちづけると
六月くらいの大きさの
青い水たまりになってしまう


君のスリッパが
学校の焼却炉の前に
ぽとんと脱ぎ捨てられていた
まだ温かい炉の中には
少しだけ白い灰が残っていた
空を見上げて笑っているような
それは
マイルドセブンのにおいがした

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。