スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女であることの再認識(トイレ編)

2006年12月14日 15:53


ファミレスのトイレは
どこもラベンダーのにおいがして
前に入った人の抜け殻が
まだ残っているような気がする

隣の個室から
ライターを点火する音が聞こえる

後ろの壁に描かれているのは
多分女性器だと思う
そんなにも
女でいることが悔しかったのだろうか
線がかすれている

水は勝手に流れてゆく
隣の女はまだ出てこない
変態の途中なのかもしれない

バージニアスリムの煙が
幽霊のようにゆっくり漂って

手を洗って振り返ると
さっきの個室には
色の薄いわたしが
ズボンも上げずに
まだ座っていた

確かに女だった
スポンサーサイト


コメント

  1. ピクルス | URL | .zfh79b6

     
    リズムや描写の手法は、
    吉田群青節で、
    古くからのファンは喜びます。が。
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。