スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後藤くんのこと

2006年12月10日 19:28


今日もまた
放課後
シーソーの片側に座って
浮き上がれる瞬間を
待っている後藤くんは
自分を宇宙人だと思っているらしい

グラウンドには長く
影が伸びて

僕の生まれた星にも
こんな景色はあったかな
等と呟いている
スニーカの先端で
下手な土星の絵を描きながら

黒いランドセルには
修正ペンで
しね
と書かれてる
多分高橋くんがやったんだろう
高橋くんは僕のこと嫌いだから
って後藤くんはせわしなく指を動かし
しね をなぞる
マッチを擦るみたいにして
何回も

だけど しね は
救いようも無く
乾ききって
後藤くんの指先が
白くなるばかりだ

後藤くんは待っているのだと思う
自分が開放されるのを
眉をしかめて
眼鏡を上げながら

ほっとけば何年でも待ち続けるだろう

もう帰ろう
と言ったとき
後藤くんの眼から
星屑のような涙が零れて
土星の横に着地した

後藤くんの生まれた星にも
学校はあったんだろうか

五時のチャイムが鳴る


スポンサーサイト


コメント

  1. 矢傷 | URL | -

    こちらも勿論ですが、前の内容もフワフワしてて好きでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。