スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B子のシ

2006年12月06日 23:21


B子は
チューリップを
チューリシプと書く
解っていない訳ではなく
彼女には
小さいツを
みんなシと書いてしまう
そう云う癖があるのだ

例えば
リシプクリーム
テイシシュ
マシクスファクター
メリシト
など

事件がおこったのは
確か
陰欝な月曜日だった
B子が
家に忘れ物をしたので
取りに帰る

校門から表へ出て行き
それきり帰ってこなくなったのだ

B子が
居なくなる直前に
友人に渡した手紙には

いずれニシポンを
でてゆきたい
そしてビシグになるよ
ヨーロシパあたりでね
これがあたしの夢ですよ

と書かれていた

当時はみんな随分騒いだが
曖昧なことは
直ぐに飽きられてしまうのが
世の常である
僕はB子がちょっと好きだったので
みんなみたいに
直ぐには忘れられないが

いま生きていれば
B子は二十五歳になる
僕にはどうも
生きているように思えてならない

存在しないはずの
ヨーロシパと云う国で
王女にでもなって
高らかに笑っているような気がする

また今年も
チューリシプが咲く
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。