スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彗星

2006年12月03日 11:40


海がひいてゆくように
唇が乾いてゆくのは
誰の為だろう
もう
メンソレータムもきかない

銀の箱が
断続的に震えて
お別れを告げている
掌に
あの日のうたがみちてゆく

ため息をつくと
眼の前が白く濁って
泣いているのかも知れなかった

彗星が
冬の恋のように
夜空を焦がしてゆく
ほんの少しだけ
立ち止まって見上げた

大気圏にひっかかって
街灯が揺れて居る
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | ncVW9ZjY

    その画を想像したら、涙が出そうでした

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。