スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎ殺し

2006年12月02日 19:58


がらんとしたうさぎ小屋には
冬の一等星みたく
赤いまなこが
ひかっている

網に近づくと
わずかに薄荷のにおいがした
君だったろうか

呟いた息が白い

夜空には
おおぐまや
はくちょうがいると云う
ぼくはそんなもの
見たこともないが
大人がいると云うのだから
きっといるんだろう

夜の校舎に
時折ちらちら動くのは
誰だろう
淋しがって泣いてる

風が吹き
薄荷のにおい
そのうち全て
忘れてゆくから

すかすかの胸に
抱きしめたうさぎは
いとも簡単に
あんな風になって

それでおしまい
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。