スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅構内の

2006年10月15日 17:22


座るところが空いていなくて
仕方なくしゃがんだ
光る突起をさわれば
流れるみたいだ

壁一面に十一桁ずつの
番号が書いてあって
お呪いかと思ったらそれは
悪戯なのだった
なめくじが這ったみたいに淡い筆致だ

手をついた所為で
頭脳線の辺りに
090
がうつってしまった
払っても落ちない
このまま皮膚から吸収されて
血液中に090が溶けてしまったらどうしよう
すこし泣いた

害毒そのもの
と云う色の石鹸は
意に反して
いいにおいがする

濡らした手で髪を撫でて
何となく悄然としてしまう
世界中がこんなだったら
戦争なんて起こらない筈なのにな
とか
考えながら
ぱたぱたと歩いて改札を抜けた
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。