スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルクス、』

2006年10月15日 16:39

電車は学芸大学を過ぎた
橙の薄日が
くすくすと眼を射り
わたしは数年前に
逃がしてしまった犬の事を
茫洋と考えていた

毛並みの良い犬だった
ルクスと云う名で呼んでいた
或る日鎖をひきづって
夕日を噛りに出掛けたんだろうか
とても食いしん坊だったから

ぴんぽ、とか云って扉が開く
得意げに降りてゆく人達にはきっと
愛する人が在るのだろう
野原や路上や海などに
そうやって帰ってゆくのだろう

流れ去る希薄な青色のさなかに
白い柔らかな月が見えた
だからわたしは
ルクス、と呼んだ

大丈夫だと
解ってはいたけど
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。