スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さびしんぼうとしょーふ

2006年09月21日 10:39


誰かが殺虫剤でも噴射したのか
天蓋付きベッド
の中には霧がかっていた

脱ぎ捨てられたズボンは
骸骨のようにくしゃ、と
丸められたレエスの下着は
死骸のようにくた、と
成ってた

確か
昼下がりだった

女子と向き合って
座っている男子は
さびしんぼう、と呼ばれていた
他に名前はなかった

女子はしょーふ、だった

この世界には
正しい重さと然るべき発音で
娼婦
と彼女を呼び止める人は居なかった
居たとしても
もう死んでいた
それが為に
男子も女子も
娼婦
という言葉の意味を知らなかった

さびしんぼうとしょーふは
とにかく密着していた
密着すれば
なにかが生まれそうだった
隙間風が未だ止まないのは
二人の身体の間に
まだ隙間がある所為に違いなかったのだが
どう頑張っても二人は
これ以上密着することが出来なかった

ねえ
大人はこういうとき如何するのかな

さびしんぼうが言った

絶望するだけよ

しょーふは答えた

寒いね
僕等
解り合えないのかな

解り合うなんて
幻想に過ぎないわ

だけど
僕等は存在しているのに

存在というものは
解り合う為に使う道具じゃ無いわ
道具は身体だけで沢山よ

ご覧よ、しょーふ
窓硝子の色は
なんて寂しいんだろう

あなただってよ
さびしんぼう

僕はあんなに透明じゃないよ

いいえ同じよ
中央が
手垢で汚れているところまでそっくり

君は僕が好きではないの

好きと云う感情は
一過性の熱でしか無いのよ
見送る事は出来ても
切り取る事は出来ないわ

君は物知りなんだね、しょーふ

パパに教わったの

パパはどうしたの

いなくなったわ

だって今までいたんだろう

いたはずの人間が消えるのは
この世界では珍しくないわ
あなたのパパは、さびしんぼう

初めからいないよ

ではあなたは何から生まれたの

土から
林檎のにおいがする土からさ

じゃあママは

ママは雨だよ
なまあったかい五月の雨さ
君のママは、しょーふ

あたしのママは
あの空、とでも言っておくわ

本当は如何なの

本当なんて言葉
軽々しく遣わないで頂戴

ごめんよ、しょーふ

いいのよ、さびしんぼう

二人は裸で
密着した儘
時にはつねり合ったり
くすぐり合ったり
もしてみたが
どうもぼんやりとするばかりで

日が暮れても
風は止まなかった

どうしたらいいんだろうね、しょーふ

諦めるしか無いんじゃないかしら

諦めて如何するの

知らないわ
今までと同じように歩くだけよ

疲れてしまうよ

当たり前よ
あたしたちは皆
いつかくたくたになって死ぬのよ

そんなの寂しいよ

あなたは駄々っ子みたいね、さびしんぼう
本当は知っている癖に

君は老人みたいだね、しょーふ
君みたいな人にも
将来の夢はあるの

あるわ
あたしは哲学者に成るの
もっと遠い国へ行ってね
そうして
美しい顔の秘書を雇うわ
あなたは、さびしんぼう

僕は旅人になるよ
世界中へ行って
気に入ったところに家を建てて住むさ

叶うと良いわね

そうだね、いつか

死ぬ前にね

そうだね、くたびれる前に

二人の笑い声は
ベッドに反響し
いつまでも消えなかった
身体と身体が触れ合っている場所は
すでに汗で蒸れて
人間くさいにおいを立てていた

二人は密着した儘
シャワーを浴びた
それから身支度をして
礼儀正しく握手をして別れた

もう二度と
会う事は無いだろう

さびしんぼうは
しょーふと別れて一歩踏み出した瞬間
突如として
あのやり方を思い出し
振り返ってみたのだが
既にしょーふは消えていた
会話などするべきでは無かったのに

しょーふは今日も
不特定多数に買われて
天井を見つめながら
時々さびしんぼうを思い出すかも知れない

為す術も無く
眼を閉じるかも知れない
もう何も見ないように
知らない振りをする為に

こんなことは
ありふれている

お伽話にすら
ならない程に

全ての結末は
何時だって
そんなものだから

わざわざ書く事も
無かったんだけれども

スポンサーサイト


コメント

  1. ハル | URL | -

    さびしんぼうとショーフが愛しいです。いつだって少年より少女は大人びていて、解りすぎてしまって、哀しい。

  2. 片倉 | URL | 3UG7ZRW.

    すげ

  3. ヱコ | URL | -

    うぉ!
    群青ワールドだ!まさに…!!

    読んでいるうちにだんだんと、「詩小説」というかんじがしてきました。
    そんなジャンルないと思うけど…。
    ていうか、作っちゃってくださいよ!群青さん!!
    あなたしかできないっ!

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. 不二子 | URL | -

    うんうん。
    雨の頭痛の中読みました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。