スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受話口と送話口で相反する

2006年07月28日 15:52

携帯電話が海鳴りのように
着信音を鳴らし
夢うつつで出ると
受話口からはわたしの声がして

たった一言
『間違えました』
と言って黙った

送話口のわたしは
胸がざわめいて
ほとんど泣きそうになりながら
『いえ』
と言って切った

後ろから君の声がしたような気がするんだけど
わたしはどこにいたのだろうか
いったい
なにを間違えたのだろうか

携帯電話はそれきり鳴らない

ベッドに顔を埋めると
夏なのに冬のにおいがした

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。