スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褪せてゆく秋の或る一日

2010年11月15日 11:04




凍ったような青空の中を一艘の船が
西から東へ進んでゆくのを見た
おそらく西に沈んだ月を
東の定位置へ戻す船なのだろう
さざなみが白く航跡を描いて
航跡はそのまま雲になり

また今日がはじまる


このごろの陽気のためだろうか
掌の真ん中らへんが擦り切れて薄くなり
だんだん穴があいてきた
ハンドクリームを塗りこんでいるのだが
まるで紙のように
がさがさ音を立てるばかりで
一向に穴は塞がらない
修繕するのも面倒だし
そのままにしておいた
ある日のこと
掌の穴から何かがぽとりと落ちた
拾い上げてみると
くしゃくしゃのルーズリーフだった
なんとなく覚えがあるこれは
思春期の頃に書いた手紙だ
あのとき
あんまり強く握りつぶしたから
掌の中に入り込んでしまったのだろう
改めて読み返したくもなかったから
こよりのように細くよじり
また穴の中に落としておいた
こつん
と小さな音がして
すこし胸が痛んだ


ふと油断すると
なんにでも枯れ葉が舞い込んできていやになる
煮込み料理の中や
お湯を満たした浴槽や
下着の内側や
開いた文庫本の間や
スリッパの先端などに
気づくと枯れ葉がいっぱい混ざりこんで
かさりかさりと音を立てている
よじれている枯れ葉はどことなく
何かのぬけがらのかたちに似ていて
拾い上げた指先に力を込めると
容易く風に溶けてゆく


夕暮れ
町はビルも樹も電信柱も
顔のない影へと変わってゆく
歩いているひとびとは
よく見ると
生身の人間から切り離された影法師で
彼らは音のない道を
ぺろぺろと踊るように進んでゆく
空には
アルミホイルで作ったような
満月が昇りはじめ
路傍のそこここには
影法師の持ち主たちがひっそりと横たわり
街灯がぼんやりと光を投げかけている
わたしの足裏からもじょじょに
影法師が剥がれてゆく
明確で透明な感触が伝わってくる

また今日が終わってゆく

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。