スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばらばら恐怖症の男

2007年03月24日 18:17

ばらばら恐怖症の男がいた
ばらばら恐怖症の男は
ばらばらになっているものが怖くて仕方が無い
だからポッケットにはいつも
クリップや糊やホッチキスやねじなど
およそものをまとめる為の道具を
一揃いしのばせていた

ばらばら恐怖症の男の部屋は
常にきちんと整頓されていた
著者名別に並べられた本棚
完璧に対となった靴下の曲線
乾物類は口を封じられ
ネックタイは尖ったままうなだれ
小物類は透明なケースに閉じ込められていた
その静謐な空間
そこはばらばら恐怖症の男の
理想の楽園であった

ある日ばらばら恐怖症の男は
道端で出会った女に恋をした
女は電信柱に寄りかかって
見るとも無く星を見つめており
だからその瞳の中には
星がまとめられて入っていた
ばらばら恐怖症の男は
星が大嫌いだったのだけれども
不思議と女の瞳に映った星は
きれいだと思った
その夜
ばらばら恐怖症の男は
女を家に連れ帰って
コルクボードに留めた
女は何も言わなかった
そのまま一年が過ぎた

ばらばら恐怖症の男は
今朝も泣きそうな顔をしている
子供が家を散らかすからだ
透明ケースをひっくり返し
海苔をびりびりとちぎっては投げ
ネックタイを握り締めては引きずりおろす
ばらばら恐怖症の男は
ねじや糊や紐などを駆使して
子供の後始末に追われながらふと
コルクボードに留まったままの女を省みた

女は子供を産んでちょうど二月目に
ものも言わずに干からびてしまった
だからコルクボードに留まっているのは
女ではなく
正確に言えば
女の抜け殻なのである
ただひとつ不思議なのは
干からびたあとも
女の瞳はつやつやと輝き
部屋の中でも星を映し出すことだ

ばらばら恐怖症の男は
その瞳の美しさにため息をついた
そのとき子供が女の抜け殻を
コルクボードからひっぺがして笑った
ばらばら恐怖症の男はつられて笑いながら
もう一度
今度は前よりもっと強固に
女の抜け殻を留めなおした
それがばらばら恐怖症の男の愛だった

子供の名前はクリップという
母親に似てものを言わないが
最近やっと糊の使い方を覚えた
ばらばら恐怖症の男は
クリップと手をつなぎ
女の抜け殻に接吻して家を出た

幼稚園バスが来る時間だった

スポンサーサイト

朝起きたら

2007年03月16日 02:15

※いちにちめ

朝起きたら
靴から花が咲いていた
綺麗な花ではなかったが
あんまり堂々と咲いていたので
迷った揚句に仕方なく
会社へは裸足で行くことにした

※ふつかめ

朝起きたら
何者かの悪戯により
脚が大分のびていた
道理で靴が履きにくい
一度ジャンプをしてみたら
着地の衝撃でぎゅず、と縮んだ

※みっかめ

朝起きたら
鼻が非常ベルになっていた
生活に支障はなかったが
やたらと押されるのには閉口した

※よっかめ

朝起きたら
檻に入れられていた
どうしても出られないので
会社に欠勤の連絡をし
外にいる人に笑われるがまま
大人しく隅っこで丸まっていた
夕方になったら出されたものの
出されたら出されたで
何だか困った

※いつかめ

朝起きたら
心臓がとまっていた
そんなのずるい、と思った

道々雑記

2007年03月15日 19:55



夕暮れ
空には網がかけられている
それは
会社から帰る途中
嬉しくて思わず飛んでしまう
そういった類のひとたちを
捕まえる為の罠である


好きなひととビールを飲んだ
好きなひとは
金色の液体をすいすいと飲み干し
それを食道あたりで
小さな金の獅子に仕立て
口から出してわたしにくれた
そういうひとだから
好きになったのだ

獅子はきゃらきゃら走り回り
きっかり三分後には溶けて消えた


白い服を着た女が
屋上の手すりを乗り越えるのが見えた
一分後に再び見ると
女は既にいなくなり
代わりに大きな鳩が一羽
ゆっくりと旋回するところだった


道行く恋人たちの手は
糸で縫い合わされ
ぴったりくっつきあっている
彼氏がよそ見をしている隙に
鋏を買ったあの彼女は
もうじき別れるつもりだろう

あんなに冷たい目をしている

仕事の話

2007年03月11日 19:12



好きと嫌いが
ギアの上で揺れていました
わたしはちょっと迷いましたが
結局どちらとも決められないまま
右手で好きも嫌いも
すっかり覆い隠して
細心の注意を払い
前の白い車を追い越しました

上司から電話が架かってきています
わたしはそれを無視しました
携帯電話が静止するさまは
まるで心臓が止まるようです

誰が泣いているのかと思ったら
雨が降ってきたのでした


道行く人は幸せそうです
ぼろのスーツを着たわたしは
まるで乞食かさなぎのようです
右胸だけが不自然に膨らんでいるのは
大量の名刺が入っているためで
ときどき海へばらまきたくなります
何百枚ものわたしの名前が
海へ舞い散る情景は
きっと美しいことでしょう


ふふふと笑うと電話が鳴ります
電話の音は
夏の終わりの蝉に似ています
耳に押し当てた受話器から
流れ出してくる知らない声は
のったりと耳を満たすだけ満たして
すぐに切れてしまいます
不通音を聞きながら
わたしはメモ用紙を取り出して
頭をゆっくり傾けます
そうすると耳から声が流れ出し
ぼとぼとと記録されゆくのです

そうしてまたわたしは
同じようにからっぽになります
誰かの怒声が聞こえます


さようなら
と言って社を出ると
わたしはこっそり指輪をはめます
君からもらった指輪です
それは真っ暗な駐車場で
凶器のように光るのです


かばんは帰宅した途端
ひどく重たくなります
じゃっとファスナーを開くと
こぼれだしてくるのは
無能でした
すっかり無能を取り出してしまうと
あとに残ったのは
四色ボールペンだけでした


彼の腎臓の秘密

2007年03月11日 19:06


冬になったら
彼が凍ってしまって
まるきり目を覚まさなくなったもんだから
やさしく体を開いてあげたら
ふたつあるうちの腎臓の
ひとつが石化してしまっていた
両手で上手に取り出して
遠くの森へ埋めてきた
今頃はきっともう
彼の腎臓の上には
針葉樹か何かが生い茂り
霧に包まれていることだろう
春になればその樹には
腎臓がなるのかも知れないが

あのとき腎臓を持った両手は
今でもまだなまぐさい

彼はまだ気づいていない
腎臓がひとつ無くなったことにも
ぽっかりあいた隙間の中に
あのあとわたしがこっそりと
腎臓の形のケーキを焼いて
詰め込んでおいたことにも
全然



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。