スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤さぶろうの妄想

2009年01月15日 03:49

前世というものがあるのかどうか分からないが、近所に、マリー・アントワネットの生まれ変わりだ、と主張する無職の男がいた。
同じように無職だった頃は、よく公園のブランコに隣り合わせになり、夕方まで喋ったものだ。
誰も信じてくれないの、と女ことばでつぶやく彼の首には、ギロチンの跡だという傷跡がぐるりと一周している。
だけど縫合したあとがあるし、たぶん自分で切ったんだろう。泣くかも知れないから、言わなかったけど。
彼と初めて会ったのは、初夏で、わたしは、仕事を辞めたばかりだった。毎日が退屈で死にそうで、死なないために、いつもふらふら散歩していた。彼は公園のベンチに腰掛けていて、わたしが前を通りかかると、久し振りね、と言ったのだ。どこかで会いましたか、と聞くと、前世のあなたはあたしの使用人だったわ、あたし、マリー・アントワネットよ、おぼえてないの、と言った。演技をしているようには見えなかった。わたしは彼の隣に腰を降ろし、そうでしたか、とだけ言った。そこが始まりだった。
それから仲良くなって、手をつないだりした、セックスまではいかなかった、いやよ、女同士じゃない、と彼の方が拒んだ。手をひっこめると、彼は少し泣いた。辛い苦しい、痛い痛い、と言いながら。バカらしいと思いつつ、わたしもつられて少し泣いたのだった。

近所だったので、よく彼の部屋に行った。窓際に古ぼけたミシンが置いてあった。家の人には内緒で、ドレスを縫って、夜中にひそかに着たりしているそうだ。いいと思うよ、と言うと笑った。彼とわたしはよく笑った。たぶん、何の責任も負っていなかったからだろう。
彼の手首は綺麗だった。男じゃないみたいにすべすべしていた。よくこんなしみったれた町からは早く出ていきたいと言っていた。出て、それからどこへ行くつもりだったのか、あのとき聞けばよかったと、今になって思う。風が吹いていて、わたしは黙っていた。寡黙なのね、と彼が言って、それは、妙に耳に残る、ざらっとした声で、思わず彼の顔を見ると、悲しそうな顔をしていた。それでもわたしは、何も言えなかった。口を開いても、嘘しか言えないような気がした。
新しい仕事が見つかった時、一応、もう会えないかも知れない、でも時間ができたら会いに行くよ、と言いに行くと、彼はドレスを着て、何もかも分かっているような顔で、わたしと握手をし、来世でまた会いましょう、とだけ言った、ドレスはまるで似合ってなかった、滑稽だった。縫い目はじゃびじゃびしていて、無精ひげが生えていて、彼の眼鏡は脂のようなもので曇っていて、全然ゴージャスじゃない。
夕日が当たっていて、埃が舞っていて、妙に悲しかった。

それから、彼に会わない。
家に行ってもいつもいない。さぶろうはいまいません、と母親らしき人から言われる度、彼の名前はさぶろうだったんだ、と思う。門には「伊藤」という表札がかかっている。彼の部屋は二階なので、カーテンが、一ミリの隙間もなく、ぴったり閉まっているのが、路上からでもよく見える。
白い息を吐きながら、でも、呼ばない。なんと呼べばいいのか分からないからだ。死んだのかもしれないとちょっとだけ思う。あのすべすべした手首が眼前にまざまざとよみがえる。あそこに深く切り込みを入れて、フランス万歳とか叫びながら死んだのかもしれない。
だけど悲しくはない。なんだか、彼を好きだったのか嫌いだったのか、よく思い出せない。すこし嫌いだったかも知れない。けど、といつも思う。けど、の先に何が続くのかわからないまま。

立ちつくすだけのわたしの背中を冬の風が撫でてゆく。さらさら、と衣擦れのような音がして、主を失ったミシンが、ゆっくりと錆びついてゆく気配を感じる。けど。




スポンサーサイト

総天然色

2008年09月19日 12:06



朝起きると、いやに空の青が鮮やかだった。
あまりに鮮やかなので、直視できない程だ。
町に出ると、道行く人たちが、ヴィヴィッドな蛍光色の洋服を着ているように見える。
眼がちかちかして耐えがたい。
公衆便所に入って息を整えた。少し汗をかいている。
髪を整えようと古い鏡に眼をやったときに、あ。と思った。
わたしは、色を失っていた。
いや正確には、わたしの肌から爪から服まで、すべてが白黒になっていた。
あ。あ。あ。と、あ。を何回も繰り返して鏡の前から走り去る。
昨日まで色付きだったはずなのに。
道路によろよろとまろびでると、色が無いからであろうか。非常に所在ない。
誰とも分かり合えないみたいな気持である。
しょぼしょぼと歩いて帰った。
帰宅して押入れの中を探したら、水彩絵の具を見つけた。
色を混ぜ合わせて、元の通りになるように、自分の表面に塗ってみる。
うまくいったかのように思えたが、すぐに汗でどろどろに流れた。
洗面所の前に立ってみる。
鏡の中には化け物のような生き物が、泣きそうな顔をして立ち尽くしている。



※月刊未詳24「散文・エッセイ板」中の「吉田群青短編集」へ投稿した作品



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。